--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2037.01.01 00:00|
こんにちは! 中央大学大学院 公共政策研究科です。
このブログは、現役院生である学生広報が「院生目線」から運営しています。


「相談会で聴き逃してしまった…」
「この先生ってどういう方なんだろう?」
「入試対策ってどうすれば良いのかわからない…」
「社会人でも通えるのか、どういうシステムなのか?」 …などなど。

疑問や質問、他にも何かありましたら、☆→@に変換して
 chuo.u.pp☆gmail.com
お気軽にこちらへどうぞ!

院生がお答えします。

◆ Twitter ◆ はこちら。t


◆ facebook ◆ 開設しました!


※最新情報(相談会等)は【 お知らせ 】カテゴリをご覧ください

 ↓↓ 最新記事はこの1つ下の記事となります ↓↓

スポンサーサイト
2014.09.29 18:50|◆お知らせ
こんにちは!
中央大学大学院公共政策研究科です!

夏休みも終わり、いよいよ秋学期が始まりましたね。
公共政策研究科も先週から本格的に授業が始まりました。

さて、今回は来月行われるシンポジウムと進学相談会についてのお知らせです!
今年で設立10周年という節目の年を迎えた本科を記念して行われるシンポジウムです。

中央大学大学院公共政策研究科にご興味のある方、進学を検討されている方、
ぜひお誘い合わせの上ご参加ください!


【中央大学大学院公共政策研究科設立10周年記念シンポジウム】
『日本人の幸福度をめぐってー3.11以降の日本人のメンタリティー』

めまぐるしく変化する現代社会。
3.11以降の日本人のメンタリティの変化を前に、
国が取り組むべき政治的課題は何か?
日本人の幸福度やワークバランスに焦点を合わせ多角的視点から議論します。

〈日時〉
2014年10月18日(土)
14:30〜17:45(開場14:00)


〈基調講演〉
テーマ:「日本人の幸福度ー多様性・つながり・安心の観点からー」
○講演者:坂東 久美子氏(消費者庁長官)

〈パネルディスカッション〉
○パネリスト
 坂東 久美子氏(消費者庁長官)
 大守 隆氏(東京都市大学環境情報学部教授)
 水嶋 智氏(国土交通省大臣官房総務課長)
 望月 友美子氏(独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターたばこ政策研究部長)
○コーディネーター
 細野 助博(中央大学大学院公共政策研究科委員長)

〈会場・アクセス〉
中央大学後楽園キャンパス
3号館3階 中央大学高校小ホール
○東京メトロ南北線・丸ノ内線『後楽園駅』より徒歩約5分
○都営三田線・大江戸線『春日駅』より徒歩約7分
○JR総武線『水道橋駅』より徒歩約15分

〈申込み先〉
中央大学大学院事務室市ヶ谷田町
電話:03−3513−0317
メール:ks-event@tamajs.chuo-u.ac.jp
【氏名(フリガナ)、年代(例:30代)、10/18参加希望】と明記の上、ご送信ください。
※参加費は無料です。

【公共政策研究科進路相談会】
10月18日(土)13:00〜14:00
中央大学後楽園キャンパス3号館3階(3300号室)
相談員:本研究科の教員・現役院生、官公庁・企業で活躍するOB・OG
※予約不要
※入試要項無料配布


〔文責:浦谷〕

修士課程1年のプーさんです。更新がご無沙汰で申し訳ございません。
 夏休みもそろそろ終わりに近づいていますが、M2の先輩方は就職活動の目処をつけつつ、修士論文の執筆に頑張っておられます。
 M1のわたしたちは、インターンシップ・夏期集中科目・グループワークのためのヒアリング活動・就職活動のための情報収集・各自の自学自習など、とても忙しない日々を送っております。
 研究科の特徴として、省庁や自治体などのインターンシップのつながりを、大学院としてたくさん持っているところが挙げられると思います。是非とも、研究科にはいられたら、積極的に行政機関のインターンシップに参加されるとよいと思います。
2014.07.11 21:34|◆講義紹介
こんにちは、修士課程一年のプーさんです。
今回は、公共政策研究科の授業システムやカリキュラムについて、簡単にではありますが、記させていただきます。
公共政策研究科では簡単に言えば、48単位の授業の履修と修士論文を書くことで、修士の学位を取得することができます。

 公共政策研究科のカリキュラムでは授業を3つに分類でき、それは①基礎科目②展開科目③リサーチプログラムです。
 公共政策研究科のHPによると、
 ①基礎科目は、公共政策についての基礎的な素養を培い、各分野の「政策プロフェッショナル」をめざすうえで必要な論理的思考力や基礎的な分析能力の修得を目的として配置するものです(2科目、4単位以上)。
 ②展開科目は、一般の公務に携わるうえで必要な専門知識水準を修得するための基本的な科目群であり、法制度系、政治・行政系、経済系、社会工学系の4群から構成されます。概ね既設研究科における専門科目に該当しますが、各種公務員試験への対応を考慮している点に特色があります(4科目、8単位以上)。
 ③リサーチプログラムは、基礎科目、展開科目で学んだ基礎的な素養と各分野の専門知識を各種の政策問題や実際の状況に当てはめて多角的に考察し、データ解析やモデル分析の応用能力を高めるための科目群です。具体的な政策の企画・立案能力、問題設定能力の向上をはかる「政策演習」、具体的な政策イシューに関する「政策ディベート」、学外機関の協力を得て調査ないしインターンシップの形態をとる「調査実習」のほか、学生のニーズに配慮しつつ、文献購読、講義、調査、報告などの教育方法を組み合わせた「政策ワークショップI・II」があります(20単位以上)。
 
 さて、48単位の授業の履修の場合、政策ワークショップⅠ(1年目のグループワーク)8単位と、政策ワークショップⅡ(2年目の修士論文作成)8単位で、16単位のリサーチプログラムを必ず履修します。
 次に、基礎科目は最低でも1科目2単位の授業を2科目以上(合わせて4単位以上)履修します。
 従って、16単位+4単位の20単位はいわば「必修」と言えます。それ以外の28単位は、基礎科目・展開科目・リサーチプログラムを自由に組み合わせてカリキュラムを設計することができるというわけです。

 「こうしなければならない」というわけではありませんが、参考までに記すと、社会に出ていない学生のだいたいの傾向として、1年目に40単位以上の授業を取りつつ就職活動の準備を行い、2年目の前半は就職活動や公務員試験に力を入れつつ修士論文の調査を同時並行で行い、2年目の後半で修士論文を完成させる人が多いようです。

 上記の傾向は概ねの傾向ですので、社会人の方や1年修了等の事情で大きく変わると思います。詳しい制度について気になる方は大学院事務室の方に、実際にどんな感じなのか現場について気になる場合は院生会ブログの方に連絡して頂ければと思います。
2014.06.23 10:11|◇学生生活
こんにちは、中央大学公共政策研究科修士課程1年のプーさんです。
私たちは公共政策研究科10期として新たに今年の4月から、この研究科の門を叩きました。
こちらのブログでは、不定期ではありますが、今後公共政策研究科を志望する方へ有意義な情報を提供できるよう更新していきたいと思いますので、是非ともご覧ください。

 さて、みなさんは、「公共政策」というものについて、どのようなものをイメージしますか?
行政学っぽいもの?霞が関の官僚組織?法律も必要じゃない?経済分析も重要だよね?
いろいろあり過ぎて、なんだか掴みどころのないような感じを抱くかもしれません。現に私も今まさにこの研究科に在籍しながら、いつも考えています。
 
この研究科では、学識経験者だけでなく、多くの実務の方などの授業を聞きながら、自分らしく公共政策を学ぶことができます。授業のレパートリーは大変豊富で、例えば、地方自治を学んだり、政策法務を学んだり、経済分析や統計解析を学んだりと幅広いです。このようなレパートリーの多さを活かして、自分の「引き出し」を増やしていけるようにしていくのが、この研究科で勉強する意義だと思います。かく言う私も、学部時代は地方自治制度などを学んでおりましたが、現在は、統計学の勉強中です!
気になった方は、中央大学のHPにあるシラバス検索から、公共政策研究科のページへお進みください。

 今後、このブログでは、授業風景や研究科生の日常などを記していく予定です。どうぞご覧下さい。
2013.08.07 22:46|◇学生生活
こんにちは。
公共政策研究科M1の藤澤です。

さて、私達の研究科は先週から夏休みに入っています。
そこで、前期の終わりを迎えるにあたって、週末に納会とBBQがありました!
納会には先生方含め22人、BBQは20人参加しました。

こういった企画は先生方や先輩方といつもより気軽に話すことができて、情報収集が大切な院生にとって、とても貴重な機会になっています。


夏休みになっても、研究科の院生はそれぞれインターンや試験の勉強など、忙しい日々が続くようです。
私も有意義な夏休みにしたいと思います。

【文責:藤澤】
1375501052432.jpg
09 | 2016/10 | 11
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。